リツワホーム>サービス付き高齢者向け住宅七ツの森

サービス付き高齢者向け住宅七ツの森では、新たな在宅(家)スタイルとしてまた、終の棲家として、いつまでもその方がその方らしく普通に暮らせるための環境を共に作りながら365日年中無休の介護保険サービス及び介護サービスを併設し安全で安心な生活をお届けします。

 パンフレット(表) |  パンフレット(裏)
 入居申込書 |  利用料金表

安心して住み続けれる新たな在宅

看護師を配置してお一人お一人の心身の健康を把握します。 医師の往診、健康診断をはじめ、健康相談や介護記録やスタッフミーティングなどにより、健やかな毎日をサポート。

万一の際も、24時間体制で迅速に対応し、ご入居者の主治医または協力病院での治療が受けられるようご支援いたします。

フラワーセラピー

フラワーセラピストが行う「花・癒し・心理学」を融合させたセラピーです。花の持つ美しい色、造形、心地よい香り。触れることで視覚や触覚など五感が刺激され感覚が動き始めます。

フラワーアレンジをとおし自身で好きな色などの花を選び(自己決定)作品を作り上げる(自己達成)の中からより輝きの持てるその方らしいひと時(自発性のもてる自立支援に向けた取り組み)からこれらを通しだれかに送ったり鑑賞を楽しむことにより喜びや癒しを得ることができます(自己実現)。

奥山卓先生とケアスタッフによる「どこでもリハ」の取り組み
私たちの掲げる機能訓練のテーマは、本人様が現在生活している地域内で生活の土台となる体の機能を再獲得するという過程を通し、一層、前向きに人生を生きるための支えになることです。日常的に本人を支えている人々が患者さんと機能訓練を共に行うことで本人に残された能力を最大限に引き出し、それぞれ人生にあった身体機能を再獲得し、豊かな人生を送れるようになることを目標とします。理学療法士 奥山先生が、定期的に身体機能の評価と訓練プログラムの立案を行い、指定された訓練プログラムを介護スタッフと患者さん自身が力を合わせて行う宿題形式で機能訓練を行います。
嘱託医による安心の健康管理サービス
日常の健康管理は嘱託医と看護職員により、しっかりサポート。もしもの時には、利用者ご本人もしくはご家族の希望される病院へ速やかに搬送する医療体制を整えています。
介護サービス付きでいつもの安心をお届け
365日24時間年中無休の介護保険サービスを併設し、いつも安心で快適な生活をお届けいたします。
地域との関わりを大切に
地域とのつながりを大切にし、利用者さまがいつまでも社会性をお持ちになられ、個人として尊重された生活を送っていただけるよう努めております。
自然環境に恵まれたのんびりとした佇まい
目の前に広がる「おらほの山 七ツ森」四季折々の七ツ森を眺めながらノンビリと過ごします。

サービス付き高齢者向け住宅の利用開始までの流れ

1.お問い合わせ・ご相談
ご本人様、ご家族様、担当ケアマネージャー様からお電話または介護サービス相談カードにて、お気軽にご相談、お問い合わせください。

 介護サービス相談カード

2.実態調査
ご利用を希望される方の生活状況や心身状態などの確認を行います。
3.ご利用の申し込み
入居申込書などの書類をご提出いただき、ご本人様との面談を行います。その後、ご本人様、ご家族様、当事業所との賃貸借契約を締結いたします。
※ なお、お急ぎの場合は、対応可能な限り柔軟に対応を行います。

 入居申込書 |  利用料金表

サービス付き高齢者向け住宅七ツの森の基本料金は、「サービスの提供に要する費用、生活費、居住に要する費用」+「その他の費用(居室分の水道光熱費、個別のサービスにかかる費用、日常生活費など」の合計額となります。

介護保険対象サービス自己負担額(1ヶ月)

2015年4月1日現在

要介護度 介護保険分
要介護1 16,692円
要介護2 19,616円
要介護3 26,931円
要介護4 30,806円
要介護5 36,065円

※月30日をベースとして計算

内容 金額
家賃 月額

30,000円

1日あたり

1,000円

共益費 月額

9,000円

1日あたり

300円

食費 月額

39,000円

1日あたり

朝400円
昼400円
おやつ100円
夕400円

布団 月額

2,100円

1日あたり

70円

※ おむつ代は実費となります。

※ 入居時に敷金60,000円をお預かりいたします。

名称
サービス付き高齢者向け住宅七ツの森
所在地

〒981-3624

宮城県黒川郡大和町宮床字森ノ腰132

電話番号
TEL: 022-347-8344
営業日
年中無休で対応いたします。
協力対応病院
黒川病院
嘱託医
富谷医院 斎藤 千恵 先生
リハビリ
理学療法部 部長 奥山 卓 先生