ダイバーシティプロジェクト

リツワホーム > ダイバーシティプロジェクト

ダイバーシティとは

多様な人材を活用する戦略

ダイバーシティ(多様性)とは:
直訳すると、「幅広く性質の異なるものが存在すること」「相違点」
組織でのダイバーシティ(多様性)とは:
さまざまな違いを尊重して受け入れ、「違い」を積極的に活かすことにより、変化しつづけるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに最も効果的に対応し、企業の優位性を創り上げること
ダイバーシティ・マネジメントとは:
誰も有利または不利にせず、全従業員が生産性高く働くことができる環境を築き上げる統合的なマネジメントプロセス
※多様性を促進し、最大限活用することにより、企業パフォーマンスを向上させる環境を創る組織的プロセス

リツワのダイバーシティプロジェクト

ダイバーシティの基本概念と目的
ダイバーシティの基本概念は、
  • 個々人の「違い」を尊重し受け入れる
  • 「違い」に価値を見つける
  • 職務に関係のない特質を無視し、個人の、成果、能力、貢献だけを考慮する
  • 「違い」に係わらず、全社員を組織に平等に参加させ、能力を最大限発揮させる
これらを実行することにより、「組織のパフォーマンスを向上させること」がダイバーシティの目的です。

ダイバーシティを成功させている企業は、多様な人材の採用や定着ではなく、その先の「活用」にフォーカスをしてダイバーシティに取り組んでいます。同時にこれは企業内の人材をひとりも無駄にしないことを意味します。
「変化への対応」としてのダイバーシティ
一般的にダイバーシティは性別、年齢、国籍など、外見でわかる属性と捉えられますが、表面的には見えない個々人の生い立ち,価値観、性格などの異なった背景や状況をも含み、すべての人々を示すものです。

企業がダイバーシティへの重要性を認識し、積極的に取り組むようになった理由は、従来の画一的な企業の制度や考え方が激変するビジネス環境にそぐわなくなったからです。例えば、少子高齢化やグローバル競争などの変化が激しい現在において、一昔前に成功した「日本人・男性・大卒・正社員」に最適な人事システムが、企業競争力を低下させていることにも見られます。

ダイバーシティのメリット

  • 多様な能力・価値観・発想を持った人材の活用
  • 多様化・複雑化する顧客ニーズへの効果的対応
  • 創造性・問題解決力向上
  • チームパフォーマンスとサービス向上
  • パワーハラスメント削減。
重要なのは、制度を充実させ多様な人材を「採用・定着」させるだけでなく、ダイバーシティを上手にマネージする環境やスキルを提供し、さらに全社員の態度と行動に反映させることにより、ダイバーシティを浸透させていくこと。

多様性が全社員の能力発揮と競争優位性に結びつくには、企業がダイバーシティに取り組む強い目的と意思を持ち、「意識的に努力」してアクションを取ることが求められるのです。

介護福祉業界での競争が激化する中、働く人々の属性や価値観が多様化し、利用者ニーズの多様性も進んでいることは無視できません。社員一人ひとりの違いが不利にならず、全社員が持っている能力と可能性をフルに発揮して貢献できるよう、ダイバーシティを推進していきます。

アイディア買い取ります!

グッドアイディアボックス(会社をよく使用活動)
会社を良くするための気づき買い取り制度です。
1情報1気づきを買い取り、採用につき500円で買い取ります。
スタッフだけでなく利用者様、家族様、関係者様など一般参加ももちろんOKです。
例)
  • 日常の改善案、お客様の声情報
  • エンドユーザーに近いから気づくアイディア
  • 内側から気づけない外からの気づき
  • 地域全員参加の仕組みづくり

 グッドアイディアボックス用紙

ファーストクラスカード(感謝の絆活動)

顧客サービス(介護サービス)にあたって、他のスタッフ(他の部門、同じ部門問わず)に協力を得られたとき、助けられたとき、自らの感謝の気持ちをカードに書いてボックスに入れてください。もちろんご利用者様、家族様、リツワに関わる全ての方の参加も大歓迎です。
このことでリツワに関わる皆さんが一人ひとりのよいところを見つけるようになり、そして協力した人は自分の貢献が実感でき顧客や仲間からの感謝の気持ちが伝わることで自分自身の存在理由が明確になることでモチベーションが上がりやる気が高まります。 そして感謝の気持ちを常に持ちながらより良い職場環境を作りより社会にお役にたてる社会に喜ばれるような組織づくりを行っていきましょう。

 ファーストクラスカード用紙

職能給制度
職能給制度を導入しております。

 日給制 |  日当制